【お客様事例】 腰痛対策にインタイム1000をご購入  ~電動ベッド、レンタルするのと購入するの、どちらが得?~ [丸亀市 Aさま]

お電話とLINEのやり取りだけでお買い上げいただきました

Aさまから『旧モデルのインタイム1000のホワイトが欲しいのですが、ありますか?』とお電話を頂いたのは、約2週間前のことでした。

Aさまが最寄りのお店に問い合わせたところ『在庫切れ』と言われたそうで、ネットで当店のことを知られて、わざわざお電話いただきました。

それを受けて、メーカー(パラマウントベッド社)に品番指定で問い合わせたところ『在庫あり』とのことでした。

Aさまと(ご来店は無しで)電話やLINEを用いて何度かやり取りした結果、当店にてお買い上げいただくことになりました。

設置場所(=アパートの2階)の問題

Aさまのお住まいはアパートの2階でした。

お店によっては『2階への設置はお断り』というところもあるようですが、当店では出来る限り対応するようにしています。昨年は1戸建ての3階に納品したこともあります。

まずはアパートの階段や入口の写真をAさまから送っていただきました。

その結果『大丈夫』と判断しました。

もちろんそのままでは2階まで運べないので、ハイエースの中で分解して上げました。

おそらく私はインタイムの配達・組立に関して、全国トップの件数をこなしているのではないかと自負しています。

ですからこういった分解・組立はお手のものです。

そんな私でも、インタイム1000のホワイトを納品したのは今回が初めてでした。

実際に組み立ててみると、ホワイトもかなり綺麗でした。

マットレスは当店一番人気のコンフォートキューブマットレス(西川)です。

Aさまとは電話やLINEでのやり取りでご購入いただいたため、マットレスの寝心地を体感いただいていません。

そこで

・カルムアドバンスマットレス
・コンフォートキューブマットレス

の体感見本をご持参し、寝比べて選んでいただきました。

そうしたところ、やはり『コンフォートキューブマットレスの方が寝心地が良い』とのことでお選びいただきました。

女性であるAさまには、カルムアドバンスマットレスは硬くて、腰がしんどいと感じられたようです。

当店で扱っているインタイム・アクティブスリープベッド対応マットレス

関連記事 【独自比較】インタイムシリーズ、アクティブスリープベッド対応マットレス10種類 はこちら

Aさまがインタイム1000を購入されたワケ(=電動ベッド、レンタルした方が得か?買った方が得か?)

Aさまは私と同世代の方(女性)です。

腰椎すべり症とのことで、だいぶ腰が悪いので、これまでは電動ベッドをレンタルされていたそうです。

もちろん介護認定などあるはずはないので、全て自己負担です。

お聞きしたところ月額2,000円(=年24,000円)とのこと。『長い目で見たら、レンタル料金が勿体ない』ということで、購入されることにしたそうです。

Aさまのお歳を考えれば、10年程度で元が取れる計算になります。

腰痛対策の使い方もお伝えしました

さらに設置後、電動ベッド使用上の留意点をいろいろお伝えしました。

Aさまはこれまでも電動ベッドを使っていたのに、高さ調整の機能しか使っていなかったそうです。

そこで、腰痛対策として有効な電動ベッドの使い方(寝るポジション、角度調整のコツ)をお教えしたところ、とても喜んでいただきました

このあたりは私のブログ記事に詳しく書いていますので、ご興味のある方は下記のリンクからご一読ください(↓)。

(関連記事) 意外と知られていない 電動ベッドを使う最大のメリット はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です